BIOGRAPHY

Unit7

昨年2011年3月発足。

以前より中型編成ジャズオーケストレーションを書く事に意欲的だった片桐一篤が自らリーダーとなり、親交のあるミュージシャンの中でも、特に音色の美しさに定評のある奏者に集まってもらい、実験的にライブを催したところ、好評を博したのがきっかけで以後、固定のメンバーで活動を続ける事となる。

楽器編成のバリエーション、年齢性別?もバラエティーに富んでおり、その特色を活かしながら、ジャズを原則としながらも、コマーシャリティーなナンバーを積極的に取り入れ、名古屋、岡崎のライブハウスにて、パフォーマンスを展開。

2012年、1stAlbum『FASCINATING MELODY』

2014年、2ndAlbum『Unchained Medley』

2017年、3rdAlbum『JUST ONE MORE THING』発売。

片桐一篤 Leader/ Piano / Arrenger
岐阜市出身。
高校在学中にシンセサイザーを始め、ジャズピアノに傾倒、19才よりプロ活動開始。
様々な演奏交流を経て、現在自己の作・編曲によるピアノ、ベース、ドラムからなるジャズ三重奏『GTO』並びに、金管、木管楽器を含む七重奏『UNIT 7』を中心に、コンサートホール、ライブハウス、イベント等に出演。
また、奏者及び編曲者として多方面のジャンルに関わる機会があり、シャンソン、カンツォーネ他、世界のポピュラーソングや歌謡曲等々、各種コンサートでの演奏、CDプロデュース、コンサートオーケストレーション等を手掛ける。
その他、NHK名古屋ピアニスト兼シンセサイザー奏者として20余年活動中。

内田恵子 Flute / Alto Flute / Piccoro
岡崎市在住
5歳よりピアノ。10歳よりフルートを始める 小学生の時は、マーチングバンドで、小太鼓をし、アンサンブルの楽しさを知る 豊橋、桜ヶ丘高校音楽科フルート専攻卒業 名古屋芸術大学音楽学部器楽科フルート専攻卒業 現在、ヤマハポピュラースクール講師、ヤマハミュージツク東海名古屋店フルート講師 (財)ヤマハ振興会 講師指導スタッフ。 jazz,ラテン、クラッシック、邦楽、ジャンル問わず、挑戦中。 自身のリーダーバンド『内田恵子カルテット』、内田恵子×竹下清志 (pf)DUO、 片桐一篤リーダーバンド『UNIT 7』,etc. ホール演奏、ライブハウス、レコーディング等活動中

近藤万里子 Trumpet  / Flugelhorn
愛知県立芸術大学器楽科卒業。
トランペットを栃本浩規、武内安幸、服部孝也、澤田真人の各氏に師事。
現在フリーのトランペット奏者として、様々なオーケストラにエキストラとして参加するなど、オーケストラ、室内楽、吹奏楽などの演奏活動を行い、後進の指導も積極的に行っている。
クラシック以外の活動も多岐に及ぶ。ジャズトランペッターとしてビッグバンドやライブハウス、ミュージカルなどで演奏活動している。
ブラスアンサンブル・ロゼ、UNIT7のメンバー。
ブラスアンサンブル・ロゼで2枚、UNIT7で3枚のアルバムをリリース。
りぶらジャズオーケストラJr.岡崎 beanzz講師。
一宮市消防音楽隊嘱託演奏員。

加藤大智 Alto sax / Tenor sax / Clarinet
1983年1月14日、名古屋市生まれ。
5歳からピアノを始め、中学生の時にクラリネットを亀井良幸氏に師事。
高校では吹奏楽に入部し、クラリネットと指揮者を担当する。
その頃から市民バンドに入り多くのコンサートを経験する。
愛知大学入学と同時にサックスを始め、在学中よりライブ活動を開始する。
これまでにサックスを土岐英史氏、藤陵雅裕氏、岡崎正典氏に、
フルートを吉村昌十氏、磯貝俊幸氏、クラリネットを亀井良幸氏、熱田敬一氏に師事。
日本を代表するベーシスト中山英二氏のバンドに加入しツアーで全国各地を周る。
2011年中山英二氏プロデュースによりデビューアルバム「First Connection」を
2014年にはセカンドアルバム「On the Way of My Life」をリリース。
2017年に世界的ピアニスト、ピーター・マドセンを迎え3作目となる「Don’t stop Go ahead」をリリース。
主な共演者:ピーター・マドセン(p)、フィリップ・ストレンジ(p)、緑川英徳(as)、
岡田勉(b)、中村新太郎(b)、田井中福司(ds)など多くのミュージシャンと共演を重ねている。
主な所属バンド:セントラルジャズオーケストラ、Unit7

西山 友望  Tromborn / Euphonium
愛知県犬山市出身。
4歳よりエレクトーンをはじめる。
13歳より吹奏楽でトロンボーンをはじめる。
田中宏史氏に師事。
甲陽音楽学院に入学、ジャズに出会う。
Donald Gibson氏に師事。
卒業後は、ジャズコンボやビッグバンド、サルサバンド、レコーディングなどの活動を行う。
作曲やアレンジなどにも挑戦している。

名古路一也 Double Bass
1958年岐阜県関市出身。トランペッターの父の影響により、幼い頃からサッチモやハリージェイムスの、レコードに親しみ、中学の頃からギターを持ち、バンドに明け暮れる。
1984年頃よりベーシストに転向、以後、ライブハウス、クラブ、イベントなどで、さまざまなミュージシャン(ダイアンハブカ、ピンキーウインタース、大野俊三、ドリストロイ、ケンバルディス、金子晴美など)と共演。岐阜放送(jazz&talk)に伊藤昌司トリオでrギュラー出演のほか、長良川ジャズフェスティバルに3度出演。
「楽しくなければ音楽じゃないよ!が信条で、」持ち前の明るく温厚な性格と、グルービィーなビート感は共演者たちからの信頼が厚く人気が高い。ギターの畑ひろしと組んだ、自己のリーダーバンド RoppaRoppaでは2枚のCDをリリースし、スイングジャーナルの人気投票にも名前があがる。さまざまなライブ、レコーディングに精力的に活動し、参加したアルバムは多数。
シャンソン、ラテン、ポップスなどジャズにとどまらず幅広くライブやレコーディングをこなすほか、ピアノトリオ「Dear Blues」のベーシストとして6枚のアルバムにも参加し、名古屋ブルーノート、フランスのリモージュジャズフェスティバルに出演。

上野 智子 Drums
4歳からエレクトーンを始める。13歳で独学でドラムを始め、ジャズビッグバンドやロックバンドで数多くのライブ、コンクール等に出演し経験を積む。
2008年名古屋音楽大学ジャズ・ポピュラーコースに入学し、ジャズドラムを黒田和良氏に師事。クラシックパーカッションを山口恭範氏に師事。在学中よりプロ活動を開始する。
現在、東海地方を中心にジャズ、ポップスをはじめとした様々なジャンルで精力的に演奏活動中。
また、ヤマハPMS認定ドラム講師として後進の指導にもあたっている。